HOME  » こだわりの商品一覧 » 銅の湯たんぽ

銅の湯たんぽ

銅の湯たんぽ

寒い寒い日、入浴のタイミングを間違うと中々入眠モードに入れませんね。
人間の体温は夕方から夜にかけて下がっていき睡眠モードに入る頃には手や足の末梢血管に血液が回り深部体温を下げるようになっていますが、すでに体温が低くなっている人はそれ以上下げられないので手足の表面に温かい血液が回りません。
そこで 入浴を利用して いったん体温を上げておき、そこから体温が下がるタイミングを利用して睡眠モードに入る できれば 用事は入浴前に済ませて 入浴後30分以内には床についてほしいと言ってきました。

しかし、そんな生活無理やわというお客さんがたくさん居てはります。
安易に電気毛布に頼るのも体によくないしで 相談されたので そういう方のために 数年前から湯たんぽを勧めています。

湯たんぽといってもいろいろあるので実際に試してみました。
ブリキやプラスチックも安くてありますが結構熱い湯を入れないとさめるのが早かったので 探してきたのが 純銅の湯たんぽでした。
新潟の新光金属というところが作っていて 肉厚で かなりしっかりした湯たんぽです。
これほどしっかりした湯たんぽは 近くを探しても売っていなかったので 結局 おっちゃんの店で販売するようになりました。

特徴はこんな感じです。
☆ 熱伝導がよく保温性がバツグンです         
  熱湯を入れなくてすむので約70℃ぐらいのお湯でいい
  それでも朝までゆっくり下がっていって
  朝 起きてもまだ温かいです      
☆ 銅は殺菌性が優れているので清潔      
☆ 朝起きたときに中のお湯で顔が洗える      
☆ 肉厚で丈夫なので長く使える

ほんとに熱湯入れる必要がないので助かります。
湯沸かし器のお湯でも十分でした。
使い心地は非常によろしいでっせ!

注意せなあかんことは 高齢者で 足の血流が特に悪い場合 低温やけどが心配です。
これは何使ても一緒でっけどな
銅の湯たんぽ
13,500円(袋付) 税込価格、送料無料

袋付ですがおっちゃんとこではさらにパシーマのピロケースつけます
寝たら治る ふとん屋のおっちゃん

布団屋のおっちゃんが書いた本